2年連続で藤蔭高校、甲子園応援団のお手伝い

ピックアップ 2019/08/13 (火)

見事二年連続で第101回全国高等学校野球選手権大会に出場を決めた藤蔭高校。
今年も甲子園へ向かう応援団バスのお手伝いをさせていただきました。

試合は8月8日(木)の第二試合、対戦相手は優勝経験のある強豪の明徳義塾高校(高知県代表)です。

応援団バスは前日の7日20時30分に出発しました。

応援団バスの乗務員さんと係員さんは、予め綿密な打ち合わせを行い、藤蔭高校へとお迎えに。

荷物を持った生徒さんがバスに乗り込みます。藤蔭高校の生徒さんは、バスに乗り込む時に関係者に挨拶をされていました。気持ちいいですね。

関係者に見守られながら、バスは甲子園を目指して発車します。長い長い道中になります。

試合は4対6と惜しくも敗戦。しかし、強豪の明徳義塾高校を相手に9回の2死ながら走者1塁、2塁とサヨナラのチャンスまで追い込みました。本当に素晴らしい試合内容でした。

アルプススタンドを去った応援団は、直ぐにバスに乗り込み母校のある日田を目指します。

応援団を乗せたバスが藤蔭高校に帰りついたのが翌日の10日朝の6時。

日田を出て30時間30分の長旅が終わりました。
出発する時は元気一杯だった生徒さんも、さすがに疲れ果てた様子。
そして、安全運転に努めた乗務員さんもホッとした様子でした。
家に帰りつくまでが旅ですから、気を付けてご自宅に帰ってくださいね。

また来年も甲子園へ私達を連れて行ってください!!
がんばれ、藤蔭高校!
そして、感動をありがとうございました!お疲れさまでした!!