藤蔭高校、甲子園応援団のお手伝い

ピックアップ 2018/08/08 (水)

先の8月4日の夜、日田市にある藤蔭高校に大型バスが並びました。

それは第100回全国高等学校野球選手権記念大会の初日第一試合に出場する藤蔭高校野球部の応援団をお連れするためです!

弊社並びに日田市内のバス会社や大分県内外から大型バスが終結。
弊社と同じグループ会社の亀の井バス様(別府市)も参加。

20:00頃に大応援団を乗せたバスは藤蔭高校を出発。
阪神甲子園球場へ向けて高速道路を夜通し走ります。

翌8月5日朝、無事に晴天の甲子園球場へ到着しました。

ツタの絡まる球場を見ると「甲子園に来た!」と思いますね。

藤蔭高校応援団は一塁側のアルプススタンドに陣取りました。
藤蔭高校は28年ぶりの2回目の夏の甲子園。春の選抜大会には平成7年に出場経験のある、大分県内では強豪校として有名です。

開会式の選手入場をドキドキしながら応援団は見つめます。
対戦相手の石川県代表・星稜高校は優勝候補にも挙げられる強豪校。

今大会は第一試合に「甲子園レジェンドの始球式」が行われるんですが、開幕試合の始球式に登板したのは対戦相手の星稜高校OBで巨人やメジャーリーグで活躍した松井秀喜さんでした。

試合結果は残念ながら藤蔭高校は4対9と敗れてしまいましたが、石川県大会を無失点で勝ち上がった星稜高校を最後まで苦しめた試合内容は、胸を張って良い素晴らしいものでした。

応援団は無事に当日の5日深夜、日付が変わる頃に無事に日田へ戻ってきました。
安全運転に努めて頂いた乗務員さん、スタッフさん達は大変は苦労だったと思います。
応援団の皆様方、お疲れ様でした!